上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.31 甲子園
この際、調子に乗ってテンプレートを替えてみました。

昨夏初めて訪れた甲子園球場です。

私が陣取ったのは、1塁側のアルプススタンドでしたので、風景は違うけれど、甲子園球場はどっちにしてもドデカかったのです。

今年も、行きたい!行きたい!行きたい!

だって、甲子園球場は、すっごくイイところでしたから。 何度だって行きたいのです。

野球好きは、甲子園行かないうちは、死ねないです、ハイ(^-^)/
スポンサーサイト
あぁ、三高が甲子園に行ける・・・!

西東京大会の決勝戦は、佼成学園 VS 日大三。
今回は、諸事情により家でTV観戦。

佼成学園は、2回裏1点先取し、そのまま逃げ切り体制。
日大三は、どうにも打てない。 エラーもあったりして、ちぐはぐ。
あぁ、もうストレスが溜まる。
とうとう点がとれずに9回表、最後の攻撃も2アウト。
今年の西東京代表は佼成学園なのか・・・。9割以上決まったようなもの。今年の甲子園はつまらないな・・・。

野球は2アウトから、とはよく言ったものだ。
それにしても、9回の2死でなくてもいいのに。もう生きた心地がしなかったよ。

でも、舞台は整った、どうしてこの場面で回ってくるの、金子キャプテンに!
全国制覇したチームのキャプテンを昨年秋から任されて、凄い重圧だったと思う。
秋は、地区予選敗退、春は1回戦負け。 今大会はノーシードで参加で、多分プレッシャーのせい、不調で打てないしエラーは出る。
苦しかったキャプテンの打席。 君に任せた! 
やったぁ、決まった!!! 流石だよ。
2塁ベース上で、泣いてたね。
私も泣いちゃったよ。 だって苦しかったのが伝わってきちゃったからね。
今日はやっぱり、TVでよかった。金子君の涙が見れたから。

監督の優勝インタビューがまたよかったではないか!
もう、涙でつまって言葉が出ない。
やさしい勝負師で何が悪い。

あとで、聞いたところによると、金子君のお母さんは、ずっと下向いていたんだそうだ。
辛かったろうな。子を持つ母としてすごくわかる。
でも、もう胸張って!

夜のニュースは、金子君の決勝打ばかりだったね。
メチャクチャ嬉しい~♡
2012.07.26 神宮球場へ
22日、やはりどうしても行きたくなって、神宮球場へ行ってしまった。

都立日野 VS 日大三

ここで負けちゃったら、もう見れないから・・・。
勢いに乗ってる高校が相手だから。 高校野球は、何があるか分からない。

おぉ、懐かしや、1年ぶりの神宮球場。
さすがに準々決勝、凄い人出。 2階席までいっぱい。 外野席も開放。
友人がベンチ上に席を取ってくれていたので助かった。 
そして、1年ぶりに応援仲間との再会。
今日から、三高もブラバン、チアーが登場。

うーん、この雰囲気、やっぱりいい! たまらない~!

7-22hinos.jpg

試合は、初回三高が3点先制し、そのまま逃げ切り。
3点差あったとはいえ、2回以降はハラハラドキドキの展開。
相手投手の立ち上がりを捉えて先制し、流れを持っていかれないで、守り抜いたという、三高のしぶとさを見せた試合。
都立日野からしてみると、なんとも初回に後悔が残るという試合だったろう。
ヒット数は日野が8、三高6と、日野が上回っていたのだし。
ただ、三高の斎藤投手の1に対し、日野の佐々木投手が四死球6は多すぎだったかな。

神宮球場の電光掲示板に選手の名前が出て、いいね。
7-22hino (5)s

明日は、いよいよ準決勝、相手は國學院久我山を破った創価高校。
さすがに平日は応援に行けないので、録画予約した。 ガンバレ三高!!!

そういえば、この試合、家で録画を見てみたら、日野のエース佐々木君は、かなりのイケメン、真っ黒だけど。
9回裏は、もう泣いてたなぁ、そうだよね、彼の高校野球は今日で終ってしまうのだから・・・。

日曜日は、三高3回戦の応援に立川球場へ駆けつけました。

2回戦は、さすがに平日のため応援を断念し、2回戦を勝ち抜き、雨で延びることがないよう祈り、今日の応援となりました。
1回戦、バイトで応援に行けなかった娘が、今日は行きたいというので、珍しく母娘で応援です。

立川球場は、一昨年、三高の応援で訪れたことがあるのですが、駐車スペースが無いので、今回は八王子へ出て中央線で立川へ行き、多摩モノレールの柴崎体育館で下車しました。
モノレールの駅から立川球場までは800mくらいでしょうか。
ずっと遊歩道を歩いていくのですが、そこを流れている水路の水が綺麗で、カモが遊んでいます。
7-15対都武蔵 (11)s
私の大好きな絵本「かもさんおとおり」を思い出しました。
というわけで、「かもさんおとおり」は次回紹介しましょう。

さて、水辺のかもさんやら、鯉やらを横目に見ながら立川球場に着くと、かなり満員状態でした。
前回一回戦の時も応援多いなと思ったけれど、今日もかなりな応援団、なんだか三高らしくないって感じです。
毎年三高は野球は強いのに、応援は少ないのです。

どうにか、もう一歩で外野ってところに娘と二人陣取り、応援開始です。
右斜め前が三塁、正面に左翼手といったところですが、全体を見渡せて快適。
結果から申し上げると、10-0の5回コールド。
聞いただけだと、圧勝で、快進撃のようですが、内容はちょっと物足りない。
やはり、去年が強すぎただけに、そう見えちゃうのかなぁ、だとしたら選手達が気の毒ですねぇ。

どっちにしたって、勝負事は勝ちゃいいのさ!
7-15対都武蔵 (8)s

ところで同じ日、八王子球場で、な、な、なんと早実が都立日野高に延長13回の激闘の末、敗退するという事態に。
今年はイマイチ元気ない早実。 エース八木くんの夏が終わってしまったのですねぇ。
さて勢いに乗っている都日野は、今日第1シードの日大鶴ヶ丘まで破りました。

三高は、22日(日)にその都日野と準々決勝です。

大丈夫かなぁ、そういえば、昨年のこの大会でも途中まであわや負け?と思わせるような試合をしていたのを思い出します。

22日は、どうしても神宮球場へ行かねばなるまい!


夕べ、やはり行っちゃおうと決めて、今日は、上柚木公園野球場へ。
今日は、神奈川県大会の開会式をTVで見ようと思っていたのですが、やはり三高の試合をこの目で見たい、という衝動にかられ、行ってきました。 だって、車で20分の上柚木公園野球場ですもの、こんな近くを逃す訳にはいきません。

野球場に入ると、いましたいました、昨年応援を共にした友人家族と久しぶりの合流です。
今日は、朝からショボショボといやーな感じの小雨が振り、試合開始の10時直前にはかなりの雨となり、開始時間が少々遅れたのですが、雨雲が通りすぎるとやっとプレイボール。

7-8sanko.jpg

初戦の相手は、国立東京高専、結果は10-0、5回コールド。
私はすっかり三高の試合観戦はご無沙汰でして、このチームになって初観戦です。
昨年のチームと比べると、大分物足りなさを感じますが、相変わらず強いな~と思いましたが、友人はこの新チームもずっと見守ってきたそうで、今日のような圧倒的な勝ち試合は久しぶりとのことでした。

三高の試合は、初戦からこんなに沢山応援に駆けつけないのですが、今日は珍しく相手チームより多い感があり、それは、誰もが見れるうちに見ておこう、という気持ちがどこかにあるんじゃないかなと、不謹慎にも思ってしまうのです。
三高の場合、ブラバンもチアーも神宮球場から参加だったと思うのですが、大丈夫だよね?おぉ、いかんいかん、全員で甲子園に優勝旗を返しに行ってもらわねば。

帰宅後はTVで、神奈川県大会開会式でした。
今年は、全国1の参加校で190校だそうで、この中からたった1校だけかぁってまたまた、ため息。

さて、昨日のTokyo MX と違ってTVKは、かなり力の入った中継で、色々なエピソードを入れたり、昨年の決勝戦を入れてみたりと、工夫を凝らしていました。

黒岩知事の祝辞は相変わらず簡潔で素晴らしいものでしたが、何より茅ヶ崎西浜高のキャプテンの柳田君の選手宣誓は、とても立派でした。

選手宣誓は途中でブチ切らないで、最後まで中継して欲しいです、MXさん。

開会式後の試合は、なんと横須賀総合が向上高校がにサヨナラ勝ちしたそうで、なんとまぁ、最初から劇的な試合ですねぇ。
どんよりとした梅雨空の下、今週末は、全国高校野球選手権大会の地方大会があちらこちらで開幕です。
今日は、神宮球場で、東西東京都大会の開会式でした。

私はもちろん(?)家でTokyo MX TV の中継を見ました。

昨年優勝した、東東京の帝京高校、西東京の日大三を真ん中に、その外側をそれぞれ準優勝の関東一高、早実が先頭で入場です。
東京都は、東148校、西119校、合わせて267校にもなり、広い神宮球場も、全校入場し整列した時は、高校名のプラカードは隣の高校と重なり、選手の肩も重なり合って、窮屈そうで可哀想に思えます。
こんな数の中から、甲子園に行けるのはたった2校、難しすぎて気が遠くなりそうです。

入場行進が終わると、今年は、去年全国制覇した日大三のキャプテンの金子君が、あの真紅の大優勝旗をお披露目です。 整列した出場校の前を大きく一周です。 高校球児なら誰もが憧れるあの真紅の大優勝旗が目の前を通過していくのです。 我らが東京都代表が、全国制覇を遂げたのは紛れもない事実であり、決して夢ではない証です。

金子キャプテンが優勝旗を持って行進している姿を見ながら、昨年のあの三高の大爆進が頭の中で思い起こされ、なんとも言えない感動で涙が出そうになりました。
本当にあんな凄い年はなかったでしょう。
思い起こせば、一昨年の秋の東京都大会から、それは始まっていました。
東京都秋季大会を制し、神宮大会も敵無しで優勝、秋季大会も神宮大会も神宮球場に駆けつけて応援しました。
そう言えば、神宮大会では三高の試合と早稲田大学の試合が続いて行われたので、佑ちゃんも見たっけ・・・。
本当に去年のチームは、誰一人として負けるなんて思いもしなかったのです。
当然のごとく春のセンバツ出場の切符も入手。
そして、東日本大震災。
センバツ開催も賛否両論あったのですが、自粛ムードで開催され、ここでは準決勝で力を出しきれず、悔しい負け方をしました。
東京都春季大会も優勝、ただその後の関東大会だけは、習志野高校に負けました。
その時、習志野の監督さんは、「吉永君の投げる三高に勝たなければ意味がない」と言ったそうですが、なぜかピッチャーがキャプテンの畔上君(中堅手)だったのです。

東京都では負けなしのチームはやはり、夏の西東京大会も危なげ無く優勝、と言いたいところでしたが、相変わらず苦手の都日野には、結構打たれ、応援に駆けつけていたOBが「負けんじゃね???」と私の隣の席で呟いていたのが思い出されます。 が、それがいつものチームと違うところで、打たれても、どんどん打って引き離すのが昨年のチーム。 結局、決勝まではなんなく上り詰め、早実との決勝戦が素晴らしかった。 2-1の最小点差の見ごたえのある投手戦。
そして憧れの甲子園、今思うと無我夢中で甲子園に駆けつけてしまっていた、開星戦。
これが甲子園球場。 出場校はアルプススタンドで入れ替えなので、前の試合も後の試合も見れないけど、それが出場校応援の宿命で、一般との差別化がまた嬉しい。

さすがに決勝戦は娘に行かせ、私はTV観戦でしたが、本当に楽しませてもらった1年間でした。

と、そんなことをあれこれと思い起こしていると、優勝旗のお披露目も終り、開会式が始まると、東西優勝旗の返還ですが、真紅の大優勝旗のあとの、東西優勝旗は、なんだかとってもショボく見えました。
そして、東京都高野連の会長の挨拶は、今年から会長に就任した堀内正日大三高校長でした。
おぉ、堀内校長、懐かしや。

さて、三高野球部はと言えば、初戦は明日8日午前10時から上柚木公園野球場で国立東京高専とです。
全員で優勝旗返還を目標に頑張って欲しいですね。

明日は、神奈川県大会の開会式が横浜スタジアムで開催されます。
もちろん、TVKで見たいと思っています。

やっぱり、高校野球って最高だぜぇ!?

miura150.jpg
ハマの番長、4日の巨人戦で、見事150勝達成、やりました!
横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手です。

やっぱ、ベイスターズと言えば大ちゃんだよ~

ここ何年か、やはりピークを越えて、イマイチすっきりしない番長でしたが、今年はなんだかいい感じ。
この人で勝つと、ウーン、すごく嬉しい。
そして150勝目は、巨人に勝ってですから、格別。
2005年以来の巨人戦の勝ち星なんだそうで、本当に苦手なんですねぇ。

ところで番長、大洋ホエールズ時代に入団して以来、横浜一筋21年。 一番の古株だそうです。
試合後のインタビューでの「横浜に残って本当によかった」という言葉は、とっても心に残っていますよ~。

もっと強い球団だったら、もう少し早く150勝達成していたでしょうに、それでもハマ一筋が実にカッコイイ。

ブログ見たことない人、ちょっと見てみてください→「ハマの番長」
めっちゃ、カッコイイと思わないですか???
我息子は、なんたってこのリーゼントが大のお気に入りなんです。
普段はやっぱり、リーゼントなんですねぇ。
私はというと、試合中に帽子とったときの、自然な感じが大好きなんですけどね。

今年は、球団名も変わり、監督も中畑になり、とっても明るいベイスターズ。
ここらで、もうひと踏ん張りして欲しいものです。

しかし、上下濃紺のビジッターユニフォーム、イケてないなぁ、ザンネン。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。