上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.15
明け方寝苦しくて目が覚めてしまった。
携帯を見ると、まだ3時半。 起きるには早すぎるから、寝なきゃ寝なきゃと思えば思うほど頭が冴えてくる。
そうすると色々なことが頭をよぎって、収集がつかなくなってきた。
夜中に目が覚めて考えることは大抵の場合いいことではない。

そういえば喪中はがきが来ていた。
9月4日に亡くなった同級生の家族の名前が連なっている。ご主人と娘二人と息子。
ツライな、また思い出してしまったよ。妻A子が52歳で…って書いてある。そうだよね、同級生だから数えで52歳かぁ。若過ぎるな。

私にとってA子の死はものすごくショックで、1ヶ月いやもっとかな、ずっと頭から離れなかった。
私はとっくの昔に両親をたて続けに亡くしているが、親の死とは全然違う苦しさだ。
最近、やっと頭に浮かんで来なくなってきたけれど、A子が亡くなったあとしばらくは、自分の楽しさが罪悪のようだった。あぁ、A子もまだまだ楽しいことが沢山あっただろうに。

A子の死を知ったとき、すぐに頭をよぎったのは、幸せな人生だったのだろうか、苦労していたのではないだろうか…。
A子とは小学校こそ違えど、同じ町で生まれ育ち、中学校高校と6年間一緒に過ごした。
A子はとても賢くて努力家で芯の強い女性だった。私達は学校の成績をいつも二人で競っていて、私が1番をとると、あからさまに「次は絶対負けない!」と明言されたもので、そういう発言が出来ない私はA子をある意味尊敬もしていたし、私にとって特別な存在だった。 当然高校も二人揃って地元の進学校へ進み、地元と言ってもローカル線で1時間以上かかる学校だったから、行きも帰りも常に一緒の日々。ライバルは裏を返せば心の友となる。
ただ高校卒業後の人生はまったく別々。
A子は結婚相手に猛アタックをし、地元の大きな商家に嫁いだのだが、結婚相手の父母はおろか祖父母、叔母だか叔父だかと、兄弟も同居の家の嫁となった。私は自分の生家が商売をしていたので、商売人の苦労は母を見て嫌というほど感じていた。私の家には母からすると姑はいなかったが、家の周りは親戚ばかりだったから、母はとても嫌がっていた。 私の母は、娘の私に対して、遠くに嫁に行け、サラリーマンに嫁げと常に言っていた。そのとおりになった私は、A子から比べたらかなりお気楽な人生を歩んできた。

だからこそ嫁に行ってからのA子は幸せだったのだろうか、苦労が多く無理がたたったのではないだろうか、などと考えてしまった。 
あぁ、結婚してからももっと会って話をしておけばよかった、色々相談にも乗れたんじゃないだろうか…。
子どもの年頃も我が家と同じくらいで、下の男子はまだ高校生。死にたくなかったろうな。
後悔ばかりが押し寄せてくるよ。

スポンサーサイト
野球ばっかりの私が、生まれて初めて、サッカーの試合を生で観戦しました。

全国高校サッカー選手権 神奈川県決勝 桐光学園高校 対 県立座間高校

座間高は『公立の雄』。 一昨年の王者です。
息子の通う高校です。 同じマンションに座間高サッカー部の3年生がいて、母とはとても仲良しということと、サッカー部の監督が息子の担任、決勝戦となれば、見に行こうということです。

勝った方が、全国へ行けるのです。ここまで来たことは、本当に凄い!
高校野球と同じで、神奈川県は高校の数が190校以上もあるのだから、本当に厳しいのです。
それにしても、桐光は野球もこの夏、神奈川県を制し甲子園出場していました。

座間は普通の県立高校ですから、私立と違って素敵な設備も何もありません。 しかも今校舎建て替え中で、グランドにはプレハブ校舎が建てられて、だいぶ狭くなっているところを、野球部などと共有している有様です。

場所は、横浜のニッパツ三ツ沢競技場です。 もちろん初めて訪れました。
1110ZamaFootball (9)s

K3300054s.jpg

息子の陸上でよく訪れた日産スタジアムは、サッカーフィールドの周りに陸上のトラックが巡っているので、観客席との距離があるのだけれど、この三ツ沢競技場は選手がとても近くに見えます。
これは、試合が始まる前ですが、手前が桐光サイドで奥が座間高。 遠目ですが、スタンドが真黄色になっています。座間市の花、ひまわりにちなんで真黄色のユニフォームです。
1110ZamaFootball (4)s
野球場は、外野スタンドからだと、全然試合が見えなかったりするけれど、サッカーはフィールドが思ったほど大きくないし、ボールも大きいからとても良く見えて、気持ちがいいですね。
1110ZamaFootball (12)s

試合のほうはと言えば、結果から先に述べてしまうと、0-1で座間高校が負けてしまいました。
二年ぶりの全国大会進出はなりませんでした。
桐光学園は、二年連続出場になります。
試合経過は、前半0-0で折り返したものの終始押され気味、よくぞ失点を防いだという展開。後半は風上からの攻撃になり盛り返し、得点チャンスが何回かあったものの、30分近くでファール、フリーキックで桐光が得点。
フリーキックを決めたのは、10番の松井君という子ですが、このフリーキックは絶妙で、本当に素晴らしく、これはもう仕方ないと言わざるを得ないものでした。

野球も松井、サッカーも松井。桐光の今年のスターは松井君ですね。

それにしても、さすが決勝戦、素晴らしい試合だったのではないでしょうか。サッカーのことはよく分からない私ではありますが、そんな気がします。
桐光は、昨年から神奈川の王者ですし、U18代表の選手も多くスター揃いですから、そんな桐光と互角に戦えた座間高は本当に素晴らしかったです。

試合終了後に泣き崩れる選手達です。 校長先生も号泣していたそうです。
1110ZamaFootball (14)s

思えば、三高の試合を何度も見に行っている私ですが、決勝戦で負けた試合に遭遇したことはなく、今回決勝の負けを、目の当たりにし、本当に表現のしようのない悔しさというか、無念さを感じました。
ここで勝つのと負けるのでは、大きな違いです。全国に行けないのですから…。3年生はこれで引退です。高校野球の夏の大会と同じですね。

サッカーの試合を初めて観戦して思ったことは、応援がとても楽しい。
座間高は、残念ながらブラバンの応援が無かったので、子どもたちが皆で声高々に歌いました。でも、ブラバン入りの桐光に応援では勝っていたと信じています。
あとで聞いた話によると、ブラバンは大会があったとかで、座間の吹奏楽部は関東大会常連校なので、とても上手いですから、ブラバンがあれば尚一層盛り上がっていたでしょう。
野球のように表裏がないので、始終応援です。エールの交換もなければ、校歌を歌う時間もない、相手が応援やっていても大丈夫、いつでも盛り上がっています。
特に座間高は、普段から子ども達がすごく明るくてテンションが高い学校なので、周りの大人まで楽しい気分になります。
息子の在学中は、また応援に行ってみようと思います。

これは、応援の生徒に配られた、座間煎餅。座間の大凧は有名です。
PA220125.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。