上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あめがふったら ポンポロロン あめがふったら ピッチャンチャン」

雨が降ると思い出すフレーズです。

絵本「おじさんのかさ」で小さい子どもたちが歌うのですが、おじさんも思わずつられて歌いだすのです。

おじさんはとてもりっぱなかさを持っているのですが、とても大事で、そのかさが濡れるのがいやで傘をさしません。
でも、子どもたちが楽しく歌いながらかさをさして帰るのを見て、とうとうかさを開くのです。
そうしたら・・・本当に。

雨がかさに当たるとポンポロロンと音がします。
長靴を履いて歩く音がピッチャンチャン。
「ほんとだあ~」家に帰ったおじさんは、ぬれたかさを見て、ぬれたかさもいいものだと思うのです。

おじさんのかさ

大事で大事で使えないモノって、ありますよね。

雨の日にほっこりする一冊です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dekopon810.blog.fc2.com/tb.php/10-bf5f92fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。