上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10日夜11時50分我が家を出発し、東名厚木ICより東名・新名神とひた走り、翌朝7時か8時には西宮に到着予定でした。
深夜でも、東名は3車線の区間は大抵交通量は多いもので、確かに多いなと感じる程度でしたが、気持ちよく流れているので、一安心。
4月に開通した新東名を通りたかったけれど、どうも東名の方が空いているようなので、新東名は帰りに通ることにしました。結果的には、大した差はなかったかもしれないのですが、我が家より1時間遅れで出発し、新東名を選択した友人一家は、「事故多過ぎ!」だったそうです。

2時間も走ったころから、ポツポツと雨が降り始め、西に向かうにつれてもの凄い雷雨となり、まさにバケツをひっくり返したような降り様で、運転するのがコワイコワイ。大雨洪水警報が出て、当然50km規制となったのですが、規制されなくったって、スピードなんか出せるものじゃない。

不思議なもので、浜名湖あたりでは、すっかり雨は上がったのですが、新東名との合流の渋滞やら、事故渋滞やらで名古屋まで大幅な時間ロス。
やっとのこと伊勢湾自動車道に入り、名古屋港を快適に横断する頃には、すっかり夜が明けてしまいました(汗)ここはまだ暗くないといけない(笑)のに。
nagoya-koh (2) ← 伊勢湾道路・・・名古屋港をわたるところ。

名古屋港横断は、景色が良くてとても快適・・・ところがこれも束の間の喜びで、この先の四日市JTCまでの渋滞は強烈で、このあたりから今日はヤバい?と思わざるを得なくなりました。
だってこの先、まだ大都市、京都・大阪を通り抜けないといけないのだから。

その後、比較的調子よく走ったのは新名神の琵琶湖手前くらいまででしょうか。
うんざりするくらいの「渋滞」表示、ダメ押しは「西宮出口まで渋滞45km、3時間以上」。

車のラジオは、第1試合の浦和学院VS高崎商を中継中。どうにかこの試合が長引かないか、打撃戦で、しかも延長にならないかという願いも空しく、浦学の快進撃でほぼ予定通りに終わり、三高の試合は10:35に開始とのこと。

これはもう無理ということで、大山崎ICで高速を降り、京都でも見て帰るという結論に達しました。
しかし、大山崎ICを出るのにどれくらいかかったでしょうか、まったく動かない状態が目と鼻の先の出口まで続くのですから、ストレスも最高潮。
ちょうどその頃後方を走る友人家族は、まだ鈴鹿とのこと。試合開始に落胆した様子ですが、こればかりはお互いどうにも仕様がないので、もうラジオ応援に徹するのみ。
こんなめったにない渋滞にはまったのだから、これほど運の悪いこともないのだけれど、これも現実です。

さて、やっとのことで高速を脱出し、せっかく山崎に来たのだから、サントリーの山崎蒸留所に寄ってみようとこうことで、一般国道に出るもここもまた渋滞。いったいどうしたことでしょう。

またまた渋滞の中、どうにかサントリーにたどり着き、工場見学をしている最中、息子のスマホで三高の負けを知ったのです。あぁ、やはり甲子園で応援したかった。

その後、琵琶湖に出て大津ICから帰路に着きました。
biwako (2)s
(野球少年の面影の残る息子は、最近メガネが必要になってしまった。)

もちろん帰りの高速は渋滞はなく気持ちよく走り、出来たての新東名を初体験することに。
やたらトンネルが多いのは、ちょっと不満ではありますが、さすがに新しい路面はスムーズですし、SAも広くて綺麗。疲れたのでちょいちょい休みながら、夜中12時半に厚木ICを出て、無事帰宅しました。

帰宅後、まずは録画しておいた「熱闘甲子園」を見ましたが、よかった~、本当によかった!
小倉監督と金子キャプテンのインタビューは、最高でした。昨年優勝校のキャプテンの背負ったモノは本当に重く、彼を思いやる監督は、今日もまた涙。

今日で、1週間経ちましたが、まだ三高の試合(録画)見ていません。
でも近々見ます。見なくては私の夏は終わらない。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dekopon810.blog.fc2.com/tb.php/20-6c6c6a8a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。