上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏も終りに近づいてきていますね。
子どもたちの夏休みももうあと少しです。
昨日の朝、我が家から北側の空を見ると、こんなにきれいな空でした。
08-24 (4)s
こんな青空に白い雲が浮かぶのを見て思い出したのが、
絵本「すばらしいとき」(マックロスキー作)です。
subarashiitoki.jpg
前回もマックロスキーの「かもさんおとおり」を紹介しましたが、偶然にもまたマックロスキー作品になりました。やはり私の好みなのでしょうね。
まさに、夏の終りに読む、いえ読んであげたい絵本です。
春から夏にかけて島で過ごす家族。
島の自然を描いた絵がとてもすばらしい。
私の拙い文で紹介してしまっては、本の価値が下がりそうなので、是非実物を見て、読んでほしいですね。
そして、自分自身で感じ取って欲しいのです。

あぁ、夏休みの終りはちょっぴり寂しい気分です。
子どもの頃、そう感じたのを思い出します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dekopon810.blog.fc2.com/tb.php/22-06c88b26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。