上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.28 田舎の高校
今日は、息子がとっても気に入って入学した高校のこと。
と言っても中身ではなく、その学校の環境です。

息子は、JR相模線というローカルな単線を利用して通っていますが、高校の最寄り駅はJR相模線唯一の無人駅。
息子が受けたいというから見なければと、受験前の高校説明会に初めて訪れた時の驚いたこと!

無人駅だから駅舎はなく、駅は屋根付きホームのみ。
改札はなく、suicaの簡易タッチパネルがあるだけ。 駅の周りは360度田んぼ。
神奈川県下でも珍しいほどの田舎駅です。
駅前は、駅前という表現が合っているかどうかも疑わしいけれど、とりあえず、入り口付近には当然無料の自転車置場、というより乗り捨て同然に自転車が置いてあり、自動販売機一つ無いのです。

高校は、この駅から徒歩5分ほど田んぼのあぜ道を歩くと裏門に着きます。
もちろん学校の周りにも、コンビニ一つありません。
息子は相模線を使いますが、最寄駅としてもう一つ小田急線の駅があり、徒歩10分程で学校の正門へ着きます。
やはり小田急線を利用する生徒のほうが多いようです。 さすがに小田急の駅前には何でもあるようです。

息子はこの田んぼばかりで何もない環境が大気に入りで、毎日のように写真撮ってくるのです。
誰に見せるのでもなく、ただ私が喜ぶのは嬉しいみたいですね。
JRの駅から見た学校。左下の高い建物から真ん中のプレハブまでが、校舎。
zama (3)s

学校からJRの駅を見ると夕日が美しい。遮るものは何もない。
zama (4)s

学校は今、老朽化した校舎を建て替えるために、プレハブで授業です。 「大山」が美しい。
zama (2)s

高校生が歩いています。もう少しいくと、左に曲がってあぜ道に入ります。
zama (5)s

なんだか、懐かしい風景です。
zama (6)s

日暮れはいつもうつくしい。
zama (7)s

三者面談で、学校に行った帰り道。 相模川にかかる座架依橋より大山を望む。
すごい空です。
zama (1)s

超田舎の高校の風景でした。

余談ですが、三者面談の日、校庭で野球部が練習していました。 県立高校の野球部としては、そこそこ強い高校ではありますが、息子に「三高と比べたってしょうがないよ」と言われました。
そんなこと分かっていますとも。 設備だけだって全然違うのですから。

全て息子がスマホで撮影。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dekopon810.blog.fc2.com/tb.php/44-66ccecc7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。